居酒屋の開店祝いに何を送ろうか?

人の生き方はいろいろです。一生会社に勤めて仕事人生を終える人間もいれば、自分で独立してお店をする人もいます。そしてお店を開くにもいろいろありますが、居酒屋を営む人もいます。さて、友人や知り合いが居酒屋を開業したなら、そのお祝いをあげたいもの。それが開店祝いです。そこでお勧めするのが胡蝶蘭です。
・商売繁盛の意味も込めて
開店祝いというと、知り合いが自分のお店を開いた時に、そのお祝いを示す事です。そしてそれには胡蝶蘭やフラワーアレンジメントお渡しするのが一般的です。さて、胡蝶蘭をお勧めできる理由はどのあたりにあるのでしょう。
胡蝶蘭はその見た目の豪華さや美しさだけではなくて、花言葉があります。それは幸福が飛んでくる、です。いかにも縁起がいい意味です。または鉢花は根付くという意味から、商売が根付く事を連想させます。まさにこれから商売を始める人の開店祝いにピッタシです。
それに開店祝いにフラワーアレンジメントを送る人もいますが、胡蝶蘭の方が長持ちします。ですから、しばらくは飾っておく事もできるのです。
・胡蝶蘭を買うなら
胡蝶蘭にもいろいろなカラーの花があります。どれが一番いいのか迷うのではないでしょうか。お店の雰囲気などもありますから、迷うところですね。もしも、どれにすればいいのかよく分からない時には、どんな所でも似合う白色が無難でしょう。
さて、胡蝶蘭を購入する時にはどこで購入するといいでしょうか。お勧めとしては、幸福の胡蝶蘭屋さんです。幸福の胡蝶蘭屋さんにおいて人気なのは、大輪の3本立ち白です。
開店祝いには知人達から店主にたくさんのお祝いの花が送られるので、他の人達と同じが嫌だと思うなら、少し目立つピンクや5本立ちを購入しましょう。値段は2万から4万円が相場になります。
それから幸福の胡蝶蘭屋さんにおいては、立札を選択できます。個人で知り合いの開店祝いを送る時には、小さめのメディタイプを選ぶといいでしょう。費用は1万から2万円ほどです。
・胡蝶蘭を送るにはいつごろがいいの?
知り合いの開店祝いを送る時には、その頃合いが大事になります。もしも、パーティーがある時にはパーティ当日までに送ります。仮にパーティーはなくて開店する時には、開業の当日にお届けするのがいいでしょう。
ですが、これはあくまでも目安です。ですから、開店当日は忙しいだろうから、という事であれば、前日までにお渡ししても大丈夫です。知人が自分で居酒屋を開業する時には、胡蝶蘭は縁起がいいです。
何を送るか迷った時には、検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です