銀婚式のプレゼントに胡蝶蘭がおすすめの4つの理由

銀婚式のプレゼントとして、ぜひおすすめしたいのが、胡蝶蘭の鉢植えです。その理由を説明しましょう。
胡蝶蘭の大きな魅力が、「きわだった特別感」です。胡蝶蘭のほかにも高級感のある花はあります。
たとえば、バラや、カサブランカのようなオリエンタルリリーがそれですが、花好きな人なら、日常的にバラやオリエンタルリリーを部屋に飾ることもあるでしょう。
園芸やガーデニングを趣味にしている人には、自分でそれらの花を育てているケースが珍しくありません。
その点、胡蝶蘭を日常的に花屋で買って部屋に飾ったり、自分で育てているというケースはあまりないはずです。
胡蝶蘭には「贈答用の特別な花」というイメージが強いのです。
銀婚式も、夫婦にとって特別な意味があります。結婚すれば、言うまでもなく、毎年結婚記念日は訪れます。毎年、お祝いする夫婦も多いことでしょう。
たとえば、結婚1周年は「紙婚式」、7年は「銅婚式」という名前がついていますが、ほとんど知られていないでしょう。
何といっても有名なのが、25周年の「銀婚式」と50周年の「金婚式」です。
つまり、銀婚式は夫婦にとって、最初に経験する「特別なお祝い」と考えていいでしょう。
特別なお祝いに贈るのですから、そのプレゼントも特別感の強いものにすべきです。
「特別感」という点で、胡蝶蘭ほど、そのイメージが強い花はありません。これが、銀婚式のプレゼントに胡蝶蘭をおすすめする、最大の理由なのです。
おすすめする理由はほかにもあります。
「胡蝶蘭はある程度の年齢になった人に似合う花だから」というのが、2つ目の理由です。
たとえば、チューリップやヒマワリ、スイートピーなどは、若い人や子供に似合う花と言っていいでしょう。
胡蝶蘭は正反対のイメージを持った花です。若い人よりも、ある程度の年齢になった人にこそ似合い、しっくりくる花なのです。
銀婚式を迎える方は40代以上になりますから、胡蝶蘭の似合う世代になっていると考えていいでしょう。
3つ目の理由は、家の中が明るく華やぐということ。一概には言えませんが、結婚して25年経ったということは、子供たちがそろそろ独立していくケースが多いと考えていいでしょう。
子供たちとの生活が終わり、夫婦2人の生活に戻るケースが少なくないわけです。
つまり、家の中が少々さみしくなるケースが多いため、家の中を明るくしてくれる花のギフト、特に飛び切り華やかな胡蝶蘭がプレゼントとしてふさわしいのです。
もう1つの理由は花言葉。胡蝶蘭には「愛情」「純粋な愛」「あなたを愛する」という花言葉があります。
25年ともに歩んできた2人に、これほどふさわしい花言葉はありません。
さらに、胡蝶蘭には「上品」「優雅」という花言葉もあります。年齢を重ねた大人の2人に、これもふさわしい花言葉と言っていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です