胡蝶蘭ギフトの贈り方

お祝いギフトに胡蝶蘭が選ばれる3つの理由と選ぶポイント

人生の中で、大きな節目となるイベントや、何か大きな成果を上げた際などに贈られるギフト。

贈る人のセンスが問われるものなので、多くの人が失敗したくないと思うはずです。

そんなギフトの中で、多くの人々に選ばれているのが胡蝶蘭です。

例えば飲食店などが新しくオープンした際の店先に飾られている事や、ホテルなどで開催されるような大きなパーティ会場に華々しく胡蝶蘭が飾られているのを見たことのある方も多いと思います。

なぜ多くのお祝いの場面で胡蝶蘭が選ばれているのか、それには大きな3つの理由があります。

 

シチュエーションを選ばない

胡蝶蘭は様々な場面でギフトとして贈られています。

特に多いと言われているのが店舗の開店祝いや会社や事務所の引っ越しといったシーンです。

その他にも、選挙で当選した事務所に贈られたり、最近はミディアムサイズ、ミニサイズの胡蝶蘭も販売されていて、ちょっとしたプレゼントや自宅用、お土産用として購入する方も増えているそうです。

つまり、会社間のやり取りといったフォーマルな場面だけでなく、個人間のプレゼントといったシチュエーションでも好まれて購入されているのです。

 

<h2>贈る人を選ばない</h2>

 

ギフトを贈られた時に、好みでないものや使い道で困るようなものを贈られた経験がある人も少ないくないと思います。

だからこそギフトを贈る時は、どんな物を送るべきなのか迷ってしまう、という場合でも、安心して贈れるのが胡蝶蘭です。

多くのギフトの中でもお花というジャンルは定番として昔からよく利用されてきました。

その中でも特に胡蝶蘭が優れている点、それは「華々しさ」と「手堅さ」の両方が備わっているという点です。

高級なイメージがあり、見た目も優美で華々しいイメージのある胡蝶蘭ですが、

実際は香りが優しく、花粉もないという点で、飲食店や病院などでの開店祝いなどではとても喜ばれているのです。

多くの人が訪れる飲食店や病院といったところでは、強い香りや、またアレルギーを引き起こす可能性のある花粉などはあまり好まれません。

その点、胡蝶蘭は見た目自体は華々しく目立ちますが、実際は贈る相手にとってマイナスになる要素が少なく、誰からも喜ばれて手堅いギフトだと言われています。

 

楽しめる期間が比較的長い

 

贈りものには大きく分けて2つの種類があります。

食べ物や飲み物といった手軽に手に入り、食べてしまったり、使用してしまえば後の残らないもの。

装飾品などのように、手元に残して長い間楽しめるもの。

胡蝶蘭はどちらかというと初めにあげた、後の残らないものの方に属するかとは思うのですが、

その中でも比較的、楽しめる期間が長いことでも知られています。

通常のお花などであれば、数日で枯れてしまうのに対し、胡蝶蘭は適切なケアをすれば2~3カ月ほど、その美しい姿を楽しめるのです。

最近はインターネットなどでも胡蝶蘭を長持ちさせる為のお手入れ方法などが多く紹介されており、植え替えの方法や肥料のあげ方など、初めての人にでもわかりやすいように丁寧にお手入れの方法が紹介されています。

楽しめる期間が長いという事は、贈られた時の喜びを何度も繰り返し思い返す事が出来るという事です。

造花やプリザーブドフラワーなどならば美しさを半永久的に楽しめるものですが、

胡蝶蘭は本物ならではの雰囲気と華やかさがあり、その本物の美しさを長く楽しめるという事はとてもギフトとして魅力的な点だと言えます。

 

胡蝶蘭をギフトとして選ぶ時のポイント①【様々な花の大きさ】

 

大切な人のお祝いなどの場面で多くの人に贈られている胡蝶蘭ですが、実は様々な種類があります。

贈る際に気をつけたいポイントとして、挙げられる事、それは「大きさ」と「カラー」です。

まず大きさについてですが、一般的には大輪と呼ばれる花の大きさが11cm以上のサイズの胡蝶蘭が多くの場合選ばれます。

その理由としてはやはり、大輪の胡蝶蘭は見た目にも華やかで目を引く事が一番に挙げられます。

特に開業祝いなどの会社間のギフトとしては、やはり見た目の豪華さという点で大輪のタイプが選ばれる事が多いです。

最近ではミディアムサイズの胡蝶蘭も人気を集めています。

大体の花の大きさは3~6cmほどで、豪華絢爛な大輪の胡蝶蘭と比べると、やはりやや小ぶりな印象を受けますが、

その分、可憐で華奢なイメージを受ける為か、結婚記念日や生年祝い、また個人間での引っ越し祝いといった場面でのギフト利用が多いと言われています。

また、ミディアムサイズよりも小さいミニサイズの胡蝶蘭も販売されています。

ミニサイズの胡蝶蘭は花の大きさが2~4cmほどで、小さく場所をとらないという点でちょっとしたプレゼントやお土産として買い求める人も増えてきています。

日常的に花を飾る人にとっては、華々しい大輪の胡蝶蘭も良いですが、日常に溶け込む美しさを楽しめる、ミニサイズの胡蝶蘭もまた違った趣があり、じわじわと需要が出てきています。

 

胡蝶蘭をギフトとして選ぶ時のポイント①【選べる豊富なカラー】

様々なカラーがあり、胡蝶蘭の種類によってもその魅力は異なります。

ギフトを送るシチュエーションや贈る人によってどのような胡蝶蘭を贈るかとう事も大事なポイントです。

こちらの胡蝶蘭ギフトの専門店では豊富な品ぞろえがあります。

 

白系

白は古くからお祝い事などでよく利用されてきた色です。

例えばウェディングドレスの白や日本の伝統的な婚礼に用いられる白無垢など、

国が異なっても白というカラーにまつわるイメージというのはどこか共通したものがあります。

また主張が少ない色なので、豪華な大輪の胡蝶蘭であっても、どこか清純な楚々としたイメージを与えるので、

どこに贈っても無難なカラーだと言えます。

 

赤リップ系

胡蝶蘭の花弁の中で、真ん中だけ赤いカラーの種類は赤リップと呼ばれ、様々なカラーの中でも人気があります。

特にまわりが白で真ん中の花弁が赤いタイプは、祝い事でよく持ちいられる紅白をイメージしやすく、

お祝い事では重宝するカラーです。

企業間の贈り物やギフトとして用いられる事が多いので、開店祝いなどの店先に飾られてある、大輪の赤リップ系胡蝶蘭を見たこともある人も多いでしょう。

 

紫系

紫系の胡蝶蘭も一般的に多く見られるカラーです。

他の色とは違い、少し南国的なイメージを湧き起こさせる色味で、女性にも人気があります。

独特の紫色はパッと目を引き、大輪の胡蝶蘭が集まるとその場の雰囲気も明るく華やかになります。

ミディアムサイズやミニサイズは手軽に胡蝶蘭の美しさが楽しめるので、ちょっとしたプレゼントなどで男性から女性に贈られる事もあります。

 

ピンク系

お花を贈る際に、最も人気のあるカラーだと言われているピンク。

胡蝶蘭の中でも人気のあるカラーで、一口にピンクといっても、様々な印象のピンクがあります。

淡いピンクカラーの胡蝶蘭であれば、可憐でインテリアなどの邪魔をしないので、

個人用で楽しむ事も可能です。

濃く華やかなピンクは胡蝶蘭の華やかさを余すことなく引き立ててくれます。

 

イエロー系

あまりギフトなどで目にする事は少ないと言われていますが、だからこそ希少感があり、

一部では人気があるのがイエロー系の色味の胡蝶蘭です。

元気で生き生きとした闊達なイメージがあるので、退院のお祝いなどで好まれたりもします。

胡蝶蘭は元々が華やかなイメージを持つ花なので、イエロー系の色味だと一見派手派手しく見えると思われがちですが、すっと伸びた茎に鈴なりで花をさかせる様は凜としており、他のスタンダードなカラーの胡蝶蘭と比べても新鮮で見劣りしません。

 

贈る場面や人によってイメージを変えて贈る楽しさがあるのも胡蝶蘭を贈る楽しみのひとつだと言えます。

様々な印象を持つ品種があり、贈り物として実は使い勝手がいいのが多くの人に選ばれるギフトであることの理由のひとつなのかもしれません。

こちらの胡蝶蘭ギフトの贈り方のサイトも参考にしてみてください。